経験者が語る海外留学のメリット・デメリット暴露します

「海外留学したいですけど不安です」

私のもとに相談にきた人がいたんですよ。その子は大学2年生で海外留学をするかしないかで迷っていました。そこで今回大学3年生の時に交換留学を経験した私が海外留学のメリット・デメリットについてサクッと解説します!この記事を読んだら・・・・

  • 留学のメリット・デメリットがはっきりわかる
  • 留学にいった未来がはっきり見える
  • 留学に関する不安が一気になくなる

海外行きたいよ!留学したいよ!ってうずうずしてるあなたは最後まで読んで親に「留学いきたい!」と強く伝えてください!では最初にメリットから見ていきましょう。

海外留学のメリット1:文化の違いを肌で感じられる

海外留学をすると良くも悪くもその国の文化に従う必要があります。例えばフランスの場合

  • 店員はめっちゃダルそうに接客をする
  • 網戸がない
  • 遊びはパブやバーが大半である
  • 日曜日は昼から酒を飲む
  • 公共交通機関は不正乗車してる人ばっかり
  • タバコ吸ってる人が多い

など日本とは全く違う習慣・文化です。それらの文化に直接ふれることは非常に良い経験となりました。聞きかじった情報よりも実際に体感した情報の方が得られるものが全く違いますから。私はいいところと悪いところと両方触れた経験は帰国してからさまざまな方向から考えられるようになることで視野が広くなりかなり活きてます。

この経験は今後海外で働いたり、移住したりする時に活きるので「海外で生活したい!」「将来海外で働きたい!」そう1秒でも思ったらぜひ留学するべきです。

海外留学のメリット2:英語(その国の言語)が上手くなる

日本を離れたことで日本語以外の言語を使って生活をしないといけないため必然的に英語(その国の言語)を使う機会が増えます。私の場合フランスにいたのでフランス語を使わざるを得ない状況になり「フランス語のアルファベットってどうやって読むの?」って状態から今では1人で生活する分には困らない程度にまで話せます・フランスの学校では英語でマーケティングの授業を受けていたため英語のレベルを高めながらフランス語を習得することができました。私はもうフランス語圏(北アフリカなど)と英語圏(アメリカ・カナダなど)ではもう困らないですね。

大前提として毎日必死に勉強することです。「楽して話せる!」ということはあり得ないですし最初は全然話せなくて会話で上手く伝えられないもどかしさを感じます。私の場合1ヶ月目と2ヶ月目が特にもどかしかったですが3ヶ月目からは普通に話せるようになりました。

海外留学のメリット3:外国人の友達ができる

海外留学の醍醐味です。世界中から留学にくるためアフリカ・アメリカ・南米・ヨーロッパ・アジア・北欧のさまざまな人たちと価値観を共有することができます。特に働き方や食文化、恋愛事情はかなり違って面白いのでぜひ語れるネタを用意していくと最高です。せっかくいろんな国の方がいるのに日本人同士で固まらないようにしましょう。せっかく留学来たのに効果が半分以下になります。

私はイギリス人や台湾人と仲が良く文化の違いや食べ物の違いを語りました。海外では日本食は高級品であり日本の3倍の値段がすることもザラにあるのを知った時、常識が壊れる音が心の中に響く。「あ、日本って海外から見たらすごい国なんだな」それを客観的に再認識できました。また留学先での友達とは今でもよく連絡しますしこれからも末長く仲良くします。外国人の友達と連絡先を交換する時にはInstagramとWhatappを入れておきましょう。LINEは日本でしか使わないのでご注意です!

海外留学のメリット4:人間的に成長できる

海外留学に行くと、良くも悪くもいろんな経験をします。

  • 外国人の友達とバーでサッカー見ながら盛り上がる
  • 考えもしなかった価値観と出逢える
  • 「なにこれ?」と思った料理がめちゃくちゃ美味しい
  • 車で6時間かけてフランスからイタリアへ行く
  • 現地の人が私に道を聞いてくるという謎現象

良い思い出も悪い思いでも全て引っくるめて私は人間的に成長したと感じます。特に悪い出来事があったときに人は成長します。日本では絶対にできない経験が海外には溢れています。そのためできるだけ早く、できるだけたくさんしてほしいです。感性が鋭い「今」やる気がMAXな「今」留学したい気持ちが抑えられない「今」にぜひ行って欲しいです。

では次にデメリットはこちら・・・

海外留学のデメリット1:費用と時間がかかる

海外で生活するため往復の飛行機代・家賃・食費などがかかります。留学だと留学先の学校の学費を納める必要があるためかなりの費用がかかります。またビザを取得するために東京にある大使館へいく費用も必要です。私の場合交換留学だったので留学先の学費は必要ありませんでした。安く留学をしたい人はぜひ大学の交換留学に挑戦しましょう!下の表に私が留学した時の費用(目安)を載せておきますのでぜひご覧ください。私がかかった費用(8ヶ月)は

費用 金額
飛行機代 往復約30万円
家賃 約72万円
定期代 2万4000円
旅行代 約40万円
SIMカード代 8ヶ月で約15,000円
VISA申請代 約7500円
合計 約150万円

これがフランスより物価の高い国ならもっとかかります。物価が安ければ100万円以内に収まりますので参考にしていただけますと幸いです。

海外留学のデメリット2:トラブルに巻き込まれる恐れあり

日本みたいに治安がいい国は珍しく海外は治安が悪いところは非常に多いです。フランスの場合ホームレスが非常に多く、物乞いをしている人をよく見かけました。またカフェでコーヒーを飲んでいたら「お金を恵んでくれ!」と懇願されたこともあります。ただここであげても彼らのためになりませんし、さらにお金を要求される可能性もあるので絶対にあげないようにしましょう。私は1日に5人のホームレスからお金をくれと懇願されても完全無視。ただホームレスの人を観察した時、彼らにお金をあげる人もちらほらいていて驚きました。

海外留学のデメリット3:逆カルチャーショック

これは帰国した時に心の底から感じたものです。海外生活に慣れてしまうと日本帰ってきた時に「え?まじか…」となることが多々あります。例えば私の場合、日本帰国後の逆カルチャーショック集

  • ドレッシングの味が濃すぎる
  • 公共交通機関の値段が高い
  • 夏の湿気が凄まじい
  • 新卒一括採用

などなど日本では「これ当たり前やろ!」と思ってたものが海外では非常識なことが本当に多いです。特に「新卒一括採用」これは海外から「え?どゆこと?」とツッコミの嵐が巻いてしまってます。基本的に海外は実力採用なため日本のように新卒採用の文化はないです。これはある意味日本を客観的に見れている証拠であり成長しているので一時的に落ち込みますが悲観的にならないでくださいね!

まとめ:この記事を通じてあなたに考えてほしいこと

以上、海外留学のメリットやデメリットについてお伝えしました。行くタイミングによって得られる経験や意味は異なります。大学生・20代といったまだ感性が鋭いうちに日本を飛び出して海外の常識や文化にふれるとその後の人生に彩を与えてくれます。40代・50代になってからだと思考が凝り固まってしまっており多文化を受け入れられない人が増えてしまいます。「今やりたいことは今やるから価値がある」 今本気で海外留学がしたいのなら今すぐに行くべきです。時間は有限ですし時間は待ってくれません。人生の新しい一歩が踏み出せるよう、今からしっかり英語力・コミュニケーション力を磨いておきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です