カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

Webライターのメリット5選・デメリット3選

WEBライターとは?

「副業でWebライターがあるって聞いたけどそもそもWebライターってなに?」そう思っていませんか?WebライターとはGoogleやYahoo!で検索した時に出てくるWeb記事を書く仕事です。最近副業で少しずつ人気になっていてWriting HacksというWebライターになりたい人向けの教材がYouTubeとTwitterで話題になっています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

https://yukisako99.com/l/c/DjNNY5ez/mmOhUw5P 

WEBライターメリット5選

これからWebライターを始めてみようと考えている方は、不安を一気になくすためにこの記事をぜひ最後までご覧ください!

①人間関係で悩まずに済む

Webライターは「完全在宅勤務」です。

  • 上司の顔色をうかがう
  • 苦手な人と仲良くする

この人間関係でのストレスから解放されます。「人間関係」で神経をすり減らさなくてよくなる点はかなり大きいです。正社員として仕事をしていたり、パート勤めをしたりしていると人間関係で悩んでしまうことが多々あります。仕事に誇りをもってやっていて、どんなに大好きな仕事だったとしても、人間関係でうまくいかないと、ストレスが大きいです。そのため人間関係の問題を抱えなくて済むWebライターは人と関わることが苦手な方でも非常におすすめできます。

②時間と場所を選ばずに仕事ができる

Webライターのメリットとして、「納期さえ守れば」自分が仕事したいなと思った時間に仕事ができる点です。「今日はしんどいからゆっくり寝たい!」と思えば休めます。例えば、あなたが1ヶ月に15本の記事を納品する仕事だけを受けたとします。その案件は、1日から15日まで、毎日1本ずつ執筆すれば終わります。その場合16日から30日までは「オフ」に出来ます。また1日に2本ずつ記事を執筆すれば22日間オフも可能です。

しかし前提として

  • 何回も修正依頼が入る
  • 他の受注している仕事がある

などの理由で時間を大幅に取られることが多くあるため現実はそんなに甘くはありません。しかしWebライターとしての技術や納品スピードが上がれば時給が上がります。また慣れてきたらライターを束ねてディレクターとなり作業を振る役割に上がることもできます。そうなると執筆時間は大幅に減らすことができ、先ほどの22日間オフも可能になってくるかもしれません。またマーケターに昇進すれば指示を出す側として報酬が高く作業時間も圧倒的に減ります。Webライターとしてお金と時間を両方手に入れたいならぜひマーケターになることを挑戦してみましょう。

②誰でもすぐに始められる

Webライターのメリット2つ目として

  • 資格
  • 年齢
  • 性別

これらが一切関係なく、いつでも誰でも始められる「ハードルの低さ」も強みです。自宅にパソコンがあって、インターネットの環境さえ整っていれば、あなたも今すぐ始められます。もちろんWordpress代とドメイン代はかかりますが月1000円程度です。パソコンは中古で3万円から買えるので動画編集やプログラミングと比べても初期費用をかなり安く始めることができます。

③自分の頑張り次第で文字単価を上げられる

Webライターのメリットと言えば「努力次第で文字単価が上がる」ことです。例えば、文字単価0.5円の案件をこなしていけば、それが実績となります。それにより文字単価1円の仕事にも採用されやすくなります。もちろんそこから1.5円、2円と自分の努力次第で単価が上がっていきます。そのため自分の頑張りが数字としてはっきりわかるため努力が続きやすい副業です。Webライター初心者は実績を作るために初心者でも合格しやすい「0.5円」前後の案件を選びましょう。1記事だけの単発のお仕事でも、クライアントから「追加であと5本お願いしたい」など依頼されることがあります。

しかしクライアントによって報酬額に対して求められるスキルがあまりにも高すぎる時があったり、クライアントからの返信が遅すぎたりして仕事がやりにくいこともあります。文字単価が高いほうが、収入的には嬉しいのです。しかし低単価でこき使うクライアントがいたり「初心者歓迎」の案件にもかかわらず経験者並みの要求されることもあります。せっかく仕事をするなら、クライアントとの性格の相性も大切です。文字単価だけにこだわっていると、精神的に辛くなってしまうため要注意です。

④文章力・SEOのスキルが自然と身に付く

WEBライターのメリットとして、最初は何の知識もスキルもなく、ただ書くことに専念して頑張っていた場合でも、毎日文章を書くことにより文章力・SEOのスキルが身に付くことです。例えばクラウドワークスで案件を受けた時に、クライアントから「執筆マニュアル」が添付されてきます。マニュアルは後から読み返していつでも勉強できるので、初心者にとってはとても貴重です。マニュアルはそれぞれ違うのですが、ライティングにおいての基本的なルール・SEOについての根本的な部分は基本的に一緒です。そのマニュアルに沿って自分なりに勉強し、記事を書いていくことで、たくさんの知識とスキルが身に付きます。そのためクライアントからいただいた執筆マニュアルは何回も読み直して勉強するためにしっかり残しておきましょう。

WEBライターのデメリット3選

WEBライターには、たくさんのメリットがありましたが、やっぱりデメリットもあるんです。ここからは、WEBライターをやっていて「辛いな」と感じてしまうデメリットを3つ紹介していきます。

①最初は時給換算すると絶望する

Webライターを始めたばかりの時は執筆に時間がかかったり上手くリサーチができずに文章が思いつかなかったりします。そのため最初は時給換算すると100円を切ることがあります。文字単価1円は、クラウドワークスの中ではなかなか良い案件です。

それでも時給換算すると、割に合わないと感じる人も居るでしょう。例えば文字単価0.5円で、キーワードを与えられて、6000文字の記事を書く場合、実際に入ってくるお金は3000円。そこから20%クラウドソーシングサービスの手数料が取られるから2400円。リサーチに3時間かかったり執筆に2時間かかったことを考えた時、かなり辛いです。

②案件に応募しても返信すら来ない

WEBライターのデメリットで「初心者は案件に応募しても合否の連絡すら来ない」こともあります。例えば1日に10件ずつ案件に応募したとして4~5日、1件も返信がないこともよくあります。Webライターは、自分からどんどん営業しないと、いつまでも仕事がもらえません。

  1. 積極的に営業しないと仕事がない
  2. 必死に応募する
  3. 返信すら来ない

これの繰り返しで落ち込みます。自分を甘やかすと1円も給料が入らなくなる自分に甘い人は厳しいです。Webライターは、休もうと思えばいつでも休めてしまうからです。納期のある案件を抱えていない時は、いくらでも自分を甘やかすことができてしまうので

  • 「1ヶ月に○○本は記事を書く」
  • 「○○円は必ず稼ぐ」

と目標を決めましょう。

③クライアントに振り回されることもある

クライアントさんによっては

  • 返信が遅い人が多い
  • 応募時の案件の内容と実際の仕事内容が違う

などのトラブルがあります。質問の返事がこなかったり、納品しても音沙汰がなかったりすると、かなり不安になります。「長期契約」で合格してもすぐに「サイトの閉鎖」などで仕事がなくなることがあります。

まとめ

今回はWebライターのメリットとデメリットについて解説してきました。最初は頭が痛くなるような地味な作業が多く挫折しそうになることもあります。しかし意欲的に取り組んでいけば、必ず結果に繋がる仕事です。働き方も自由で、たくさんのメリットがありますので最初は文字単価が安くても気を落とさないでください。実績を積み上げていけば、少しずつ文字単価の高い仕事も取れるようになります。せっかく始めたWebライターの仕事を納得できるまで前向きに頑張ってみましょう。

 

経験者が語る海外留学のメリット・デメリット暴露します

「海外留学したいですけど不安です」

私のもとに相談にきた人がいたんですよ。その子は大学2年生で海外留学をするかしないかで迷っていました。そこで今回大学3年生の時に交換留学を経験した私が海外留学のメリット・デメリットについてサクッと解説します!この記事を読んだら・・・・

  • 留学のメリット・デメリットがはっきりわかる
  • 留学にいった未来がはっきり見える
  • 留学に関する不安が一気になくなる

海外行きたいよ!留学したいよ!ってうずうずしてるあなたは最後まで読んで親に「留学いきたい!」と強く伝えてください!では最初にメリットから見ていきましょう。

海外留学のメリット1:文化の違いを肌で感じられる

海外留学をすると良くも悪くもその国の文化に従う必要があります。例えばフランスの場合

  • 店員はめっちゃダルそうに接客をする
  • 網戸がない
  • 遊びはパブやバーが大半である
  • 日曜日は昼から酒を飲む
  • 公共交通機関は不正乗車してる人ばっかり
  • タバコ吸ってる人が多い

など日本とは全く違う習慣・文化です。それらの文化に直接ふれることは非常に良い経験となりました。聞きかじった情報よりも実際に体感した情報の方が得られるものが全く違いますから。私はいいところと悪いところと両方触れた経験は帰国してからさまざまな方向から考えられるようになることで視野が広くなりかなり活きてます。

この経験は今後海外で働いたり、移住したりする時に活きるので「海外で生活したい!」「将来海外で働きたい!」そう1秒でも思ったらぜひ留学するべきです。

海外留学のメリット2:英語(その国の言語)が上手くなる

日本を離れたことで日本語以外の言語を使って生活をしないといけないため必然的に英語(その国の言語)を使う機会が増えます。私の場合フランスにいたのでフランス語を使わざるを得ない状況になり「フランス語のアルファベットってどうやって読むの?」って状態から今では1人で生活する分には困らない程度にまで話せます・フランスの学校では英語でマーケティングの授業を受けていたため英語のレベルを高めながらフランス語を習得することができました。私はもうフランス語圏(北アフリカなど)と英語圏(アメリカ・カナダなど)ではもう困らないですね。

大前提として毎日必死に勉強することです。「楽して話せる!」ということはあり得ないですし最初は全然話せなくて会話で上手く伝えられないもどかしさを感じます。私の場合1ヶ月目と2ヶ月目が特にもどかしかったですが3ヶ月目からは普通に話せるようになりました。

海外留学のメリット3:外国人の友達ができる

海外留学の醍醐味です。世界中から留学にくるためアフリカ・アメリカ・南米・ヨーロッパ・アジア・北欧のさまざまな人たちと価値観を共有することができます。特に働き方や食文化、恋愛事情はかなり違って面白いのでぜひ語れるネタを用意していくと最高です。せっかくいろんな国の方がいるのに日本人同士で固まらないようにしましょう。せっかく留学来たのに効果が半分以下になります。

私はイギリス人や台湾人と仲が良く文化の違いや食べ物の違いを語りました。海外では日本食は高級品であり日本の3倍の値段がすることもザラにあるのを知った時、常識が壊れる音が心の中に響く。「あ、日本って海外から見たらすごい国なんだな」それを客観的に再認識できました。また留学先での友達とは今でもよく連絡しますしこれからも末長く仲良くします。外国人の友達と連絡先を交換する時にはInstagramとWhatappを入れておきましょう。LINEは日本でしか使わないのでご注意です!

海外留学のメリット4:人間的に成長できる

海外留学に行くと、良くも悪くもいろんな経験をします。

  • 外国人の友達とバーでサッカー見ながら盛り上がる
  • 考えもしなかった価値観と出逢える
  • 「なにこれ?」と思った料理がめちゃくちゃ美味しい
  • 車で6時間かけてフランスからイタリアへ行く
  • 現地の人が私に道を聞いてくるという謎現象

良い思い出も悪い思いでも全て引っくるめて私は人間的に成長したと感じます。特に悪い出来事があったときに人は成長します。日本では絶対にできない経験が海外には溢れています。そのためできるだけ早く、できるだけたくさんしてほしいです。感性が鋭い「今」やる気がMAXな「今」留学したい気持ちが抑えられない「今」にぜひ行って欲しいです。

では次にデメリットはこちら・・・

海外留学のデメリット1:費用と時間がかかる

海外で生活するため往復の飛行機代・家賃・食費などがかかります。留学だと留学先の学校の学費を納める必要があるためかなりの費用がかかります。またビザを取得するために東京にある大使館へいく費用も必要です。私の場合交換留学だったので留学先の学費は必要ありませんでした。安く留学をしたい人はぜひ大学の交換留学に挑戦しましょう!下の表に私が留学した時の費用(目安)を載せておきますのでぜひご覧ください。私がかかった費用(8ヶ月)は

費用 金額
飛行機代 往復約30万円
家賃 約72万円
定期代 2万4000円
旅行代 約40万円
SIMカード代 8ヶ月で約15,000円
VISA申請代 約7500円
合計 約150万円

これがフランスより物価の高い国ならもっとかかります。物価が安ければ100万円以内に収まりますので参考にしていただけますと幸いです。

海外留学のデメリット2:トラブルに巻き込まれる恐れあり

日本みたいに治安がいい国は珍しく海外は治安が悪いところは非常に多いです。フランスの場合ホームレスが非常に多く、物乞いをしている人をよく見かけました。またカフェでコーヒーを飲んでいたら「お金を恵んでくれ!」と懇願されたこともあります。ただここであげても彼らのためになりませんし、さらにお金を要求される可能性もあるので絶対にあげないようにしましょう。私は1日に5人のホームレスからお金をくれと懇願されても完全無視。ただホームレスの人を観察した時、彼らにお金をあげる人もちらほらいていて驚きました。

海外留学のデメリット3:逆カルチャーショック

これは帰国した時に心の底から感じたものです。海外生活に慣れてしまうと日本帰ってきた時に「え?まじか…」となることが多々あります。例えば私の場合、日本帰国後の逆カルチャーショック集

  • ドレッシングの味が濃すぎる
  • 公共交通機関の値段が高い
  • 夏の湿気が凄まじい
  • 新卒一括採用

などなど日本では「これ当たり前やろ!」と思ってたものが海外では非常識なことが本当に多いです。特に「新卒一括採用」これは海外から「え?どゆこと?」とツッコミの嵐が巻いてしまってます。基本的に海外は実力採用なため日本のように新卒採用の文化はないです。これはある意味日本を客観的に見れている証拠であり成長しているので一時的に落ち込みますが悲観的にならないでくださいね!

まとめ:この記事を通じてあなたに考えてほしいこと

以上、海外留学のメリットやデメリットについてお伝えしました。行くタイミングによって得られる経験や意味は異なります。大学生・20代といったまだ感性が鋭いうちに日本を飛び出して海外の常識や文化にふれるとその後の人生に彩を与えてくれます。40代・50代になってからだと思考が凝り固まってしまっており多文化を受け入れられない人が増えてしまいます。「今やりたいことは今やるから価値がある」 今本気で海外留学がしたいのなら今すぐに行くべきです。時間は有限ですし時間は待ってくれません。人生の新しい一歩が踏み出せるよう、今からしっかり英語力・コミュニケーション力を磨いておきましょう!

 

フランス語をたった2ヶ月で不自由なく話せるようになった方法とは?

 

「独学でフランス語を勉強するには何からすればいいの?」

このような疑問を持っていませんか?

こちらの記事では私が0から3ヶ月でフランス語での会話に

1秒も困らなくなくなった勉強方法を詳しく解説していきます!

フランス語を話せるための大前提

①参考書は1冊で大丈夫

「参考書は何がおすすめですか?!」とうずうずしながら聞いてるあなたに今すぐ言いたい一言。「参考書はフレーズ集1冊で大丈夫!」これをまず何回も何回も脳に染み込ませて欲しいです。なぜなら複数の参考書を使うと1冊にかける時間が少なくなり学べる量が大幅に少なくなり逆に非効率になるからです。ちなみに私が使っていた本は

これです。正直フランスで1人生活するレベルはこの本1冊で十分です。もちろんフランス語の試験やビジネスで使うとなるとこの本だけだと足りませんが今はこの1冊に絞りましょう。1冊を限界まで完璧にしましょう。思わずいろんな本をたくさん買ってしまう人がいますがいっぱい買っても1冊から得られる知識が全然身につかないので1冊を限界まで吸収していきましょう。

②学ぶ目的を考えよう

フランス語を勉強する目的は何か?を具体的にはっきりさせましょう。目的を具体的にするほどゴールがはっきりとわかり何から勉強すればいいのかわかってきます。例えばフルマラソンの場合42.195キロと明確になっていますがそれが42キロくらいって曖昧だったら走りたいですか?おそらく走りたくなくなります。それと同じように「フランス語を話せるようになりたい!」ではなく「フランス語をネイティブとスムーズに会話できるくらい話せるようになりたい!」とイメージができるように具体的にした方がいいです。私の場合はフランス語を勉強していた時は「フランス語で可愛い女の子と1対1で3分くらい話せるようになる」というゴールを立てました。目的は学ぶモチベーションを上げるためにも大切なので最初に具体的に考えましょう。

③インプット1割・アウトプットが9割

「フランス語全然身につかない!」って思ってる人は明らかにアウトプットが足りてないです。1つの単元を1時間インプットしたら9時間くらいアウトプットするくらいしないとなかなか身につきません。スポーツでも料理でも1回知識を入れたら何回も何回も声に出して自分から知識を出さないといけませんよね?

アウトプットのやり方として

①習った文法内容を使って文章を作ってみる

英語でたとえてみましょう。

I have no time to eat lunch.という文章は「I have no time to~」という文法がt7日割れています。そこでI have no time to study French.(私はフランス語を勉強する時間がありません)I have no time to go to school.(私は学校にいく時間がない)I have no time to eat lunch.(私はランチを食べる時間がない)I have no reason to refuse your favor.(私は君の頼みを断る理由がない)など同じ文法を使って別の意味を持つ文章をいくつか作ってみましょう。そうすることで会話内での文法の使い方がわかってきて頭に入りやすくなります。

②その文章を音読する

最低でも1文章10回くらい音読をしましょう。できたら録音してフランス語が達者な方に送ってみてフィードバックをもらいましょう。何回も音読してフランス語の発音になれるとその後の会話が楽になるのでここは手を抜かずにしっかりやりましょう。

③フランス人またはフランス語が自分よりもできる人に添削をしてもらう

フランス人が近くにいない場合はHello Talkという外国人と繋がれるアプリを使ってフランス人を見つけて添削してもらうのでもいいでしょう。「フランス人がいないから無理〜!」っていう言い訳は潰しましたからね?笑フランス人が近くにいなくてもオンラインレッスンを受けたりアプリを使うなりの対策はたくさんあります。アウトプットするためにインプットをしましょう。

初心者がやりがちなミス4選

  • 単語をひたすら覚えようとする
  • いきなり完璧を目指す
  • フランス語の映画を見る
  • 音楽を聞いてリスニング練習をする

なぜダメなのか?今から解説していきます。

①単語をひたすら覚えようとする

「単語ってたくさん覚えたらいいんでしょ!」と考える人がとっても多いですがこれは非常に危険です。

その理由は

  • 単語を覚えようとすればするほどしんどい
  • すぐに単語を忘れてしまい萎える
  • 覚えることが目的となってしまう

この3つにあります。「でも単語知らないと会話できないじゃん!」と突っ込んだあなたはとてもセンスがいいです。そこでおすすめなのが自分で「これなんて言うんだろう?」と疑問に感じた単語をメモしてノートにメモしていてオリジナルの単語帳を作ることです。自分で単語帳を作るメリットは本当に必要な単語に絞って覚えられることです。「これなんて言うんだろう?」と疑問に感じた単語は必要な単語であることが多いために必要な単語にだけ絞って学ぶことができます。大学受験で使う単語帳は「これどこで使うの?」とツッコミどころしかない単語ばかり…覚えたとしてもいつ使うかわからない単語ではなく毎日使う単語・気になった単語だけが集まった単語帳の方が確実に学習効率が高いです。また私の場合1つの例文から派生して文章を作ります。例えばI like dogs.の文章からI like sushi.やI like baseball.など自分が普段が使う文章を作って何回も話します。たくさんの例文を覚えるより1つの例文の型を学び主語を変えたり動詞を変えたりしてさまざまな表現ができる方が非常に効率がいいです。

②いきなり完璧を目指す

「フランス語を完璧にしたい!」

その欲望を持っている方が本当にたくさんいますが今すぐにやめましょう。なぜか?あなたの日本語は完璧ですか?それを聞いて「あ、、日本語すら怪しいわそう思ったのではないでしょうか?一旦基本に戻りましょう。会話の目的はなんですか?「相手に自分の意見を正しく伝えるため」ですよね?自分のことを正しく伝えるためにあなたが勉強している文法は本当に必要な文法ですか?会話に必要な最低限の文法は

  • 現在形
  • 現在進行形
  • 過去形

これだけです。「関係代名詞が〜!」「不定詞が〜!」という人多いですが会話するにおいてそこまで必要ではありません。上手く話せない人の特徴として「無駄なことを勉強している」これが大きいです。今やってる勉強は本当に必要なものは何か?を今すぐに見直してください。

③フランス語の映画を見る

生のフランス語を勉強するためにドラマを見て勉強します!と言う人かなり多いです。これは効果ありますし実際それで勉強している人もいます。ただドラマや映画を使って効果があるのは「上級者」のみであることを多くの人は気づいていません。初心者がいきなりドラマを見てもフランス語のレベルが高すぎて絶望するだけなのでYouTubeの初心者向け動画や教材のCDを完璧にしましょう。

④音楽を聞いてリスニング練習をする

「リスニングのために音楽を聴く!」

と頑張る人を見るんですが音楽を聴いてリスニング力上がった人を私は見たことありません。日本語の曲を聴いて日本語を理解できるようになった外国人を見たことありますか?ないですよね?初心者がフランス語勉強を楽しむために洋楽を使うならまだいいですが勉強として使うのはダメです。洋楽を使ってなにか勉強したい場合文法を勉強する前にモチベーションを上げる目的で毎回聴くのは非常にいいです。音楽を聴く際も和訳があるYouTube動画を使うことをかなりおすすめします。そちらの方が歌詞の意味が分かりお気に入りの曲を見つけて勉強が楽しくなります。フランス語のお気に入り曲をぜひ見つけましょう。

フランス語の効率的な勉強法まとめ

  • 参考書を1冊に絞る
  • 1つの例文から派生して例文を作る
  • インプット1割アウトプット9割で勉強する

フランス語は馴染みのない言語なのでしっかりと手順を踏んで勉強しましょう。こちらの記事で紹介した勉強方法を実践すれば効率よくフランス語を習得できるためぜひ参考にしてください。使える言語が増えれば自分の可能性を広げることができるためぜひ積極的にフランス語の勉強に着手してみてください!